__ Surveyor Program Prologue _blank __
リンクを同じウィンドウに開く (切り替え) リンクを新しいウィンドウに開く (現)

Sorry, this page is japanese only.

サーベイヤー計画は、無人探査機を使って、アポロ計画の有人月面着陸の遂行に必要な科学的・技術的情報を得る目的で 1966年5月〜1968年1月の間に実施された。 ミッションとしては1号〜7号まで行われたが、月面に軟着陸したのはそのうちの1号、3号、5号、6号、7号である。 1号〜6号のランディング・サイトは赤道近くの海のエリアだったが、最後の7号については南の高地エリアが選ばれている。

サーベイヤー探査機は、高さ3.3m、直径4.6m、重量約300kgで、3つの脚で支える構造となっていて、それに科学的・工学的な装備がなされている。 電源は、出力85ワットの太陽電池パネルとトータル出力4090ワットのバッテリーから供給される。 その他、平面アンテナや全方向性のアンテナ群、レーダー高度計などがマウントされている。

月面軟着陸は、高度3.5mまでは着陸用エンジンが担い、その後(3.5m〜0m)は自由落下にまかせて着陸するシステムで、軟着陸後すぐに探査活動を開始するようになっていた。

軟着陸した5機の探査機は、月面軟着陸のノウハウ(デモンストレーション)、地球−月間の画像、月面の画像、サンプル分析データなどの有用な情報を得ることができた。全体として見ると、延べ探査日数は17ヶ月、送信された画像は87,000枚、実施されたサンプルの化学分析は6回、、、等々。 このプログラムによって得られた各種データは、月に関する様々な知識を我々に与えることとなった。



End of Surveyor program prologue _blank

__ Reference
National Aeronautics and Space Administration (NASA)
Kennedy Space Center (KSC)
Jet Propulsion Laboratory (JPL)
Goddard Space Flight Center (GSFC)
Johnson Space Center JSC Home Page (JSC)
National Space Science Data Center (NSSDC)
American Astronomical Society (AAS)
CHECKOUT and LAUNCH CONTROL SYSTEM PROJECT (CLCS)
Russian Rockets (1)-(9)

_ Writer
masaakix yokohama japan
E-Mail
admin masaakix
Web site
http://www.masaakix.interlink.or.jp/

Banner here

著作権について