__ Service Module Sps Rcs __

Service Module, Service Propulsion System, The Revision Control System

SM (機械船) はCM (司令船) の底部に連結されている円筒型モジュールである。液体酸素タンク、液体水素タンク、ヘリウムタンク、そして燃料電池などが搭載されていて、空気と水あるいは電源などが供給される。全長6.88m (Apollo-12)、直径 約3.9m (CM の底部と同値)、重量 約25トン。 なお、CM と SM が連結されたモジュール群を CSM (Command Service Module) と呼ぶ。

下部のロケット・エンジンは SPS (Service Propulsion System / 機械船推進システム) で、主に地球や月の引力圏を脱出する際に使用される。側面には軌道調整や姿勢制御用の補助ロケット RCS (Reaction Control System / 反動型姿勢制御システム) 4セットが 90度ごとにマウントされている (上イメージの十字型のモジュール)。なお、SM は地球帰還時 (大気圏再突入時前) に CM から切り離される。



 End of SPS and RCS 

__ Reference
National Aeronautics and Space Administration (NASA)
Kennedy Space Center (KSC)
Jet Propulsion Laboratory (JPL)
Goddard Space Flight Center (GSFC)
Johnson Space Center JSC Home Page (JSC)
National Space Science Data Center (NSSDC)
American Astronomical Society (AAS)
CHECKOUT and LAUNCH CONTROL SYSTEM PROJECT (CLCS)
_ Moon Investigation LogoMoon Investigator Badge

Writer : Masaaki Umehara
Contact us : Email
Search Engines : http://www.masaakix.interlink.or.jp/db/
The Apollo Program : http://www.masaakix.interlink.or.jp/apollo/
Hal's Eyes Web Site / Home : http://www.masaakix.interlink.or.jp/

当サイトの著作権及び閲覧ガイド