モノリスに あえて触れさせた 「彼ら」

ヒトザル も人類も、自分達より遥かに上位の存在に対面すると、どうやら、それに触れてみたくなるようだ。 モノリス を通して それを設置した 「彼ら」 にである。

これは、ヒトザルや人類に元々備わっていた本能だろうか? いや、「彼ら」 が、ヒトザルや人類に、モノリスに触れることで進化のスイッチを押すように、進化 (運命) をみずから選択するように仕向けたことなのだ。 そして 「彼ら」 は、冷徹な眼差しでただ黙ってそれを眺めていればよかった。

2001年宇宙の旅 (小説/映画) の ベース にはキリスト教に裏打ちされた 哲学 があると言われることがあるが (もちろん ゾロアスター教 という意見もあるのだが) この、「みずから選択させる」 という姿勢は、一見すると仏教的でもある。 仏教には 「みずからの意志で運命を切り開ける」 という強烈な思想があり、運命に対するその選択眼は各人の 「」 に他ならないとされるからである (「六つの鳥居」 の選択などで語られる)。

しかし 「彼ら」 はブッダではなかった。 ヒトザルや人類の主体性など眼中になかったのである。 ヒトザルや人類がモノリスに触れことで 進化のスイッチを押すことは 「彼ら」 が既に決めていたことなのだ。 ヒトザルや人類に与えられたのは時間的猶予だけだったのである。 結果が既に判っていたからこそ 「彼ら」 は数百万年もの間待ち続けることが出来たといえる。

参考
2001年宇宙の旅 (早川書房) 2010年宇宙の旅 (早川書房) 2001 A Space Odyssey (Paperback) 2010 Odyssey Two (Paperback) 2001 A Space Odyssey (MGM) 2010 Odyssey Two (MGM.UA) Script: Internet Resource Archive (*) 2001年宇宙の旅 (早川書房) より引用 (**) 2010年宇宙の旅 (早川書房) より引用

Writer: Masaakix Web site: http://www.masaakix.interlink.or.jp/

著作権について