HAL9000
Heuristically-programmed ALgorithmic computer (*)
9000 Series

HAL9000 fish-eye lenses

命名 ハル / Heuristically-programmed ALgorithmic computer / 発見能力をプログラムされたアルゴリズミック・コンピューター (*)。 I B M というアルファベットを一文字づつずらして H A L と命名したという実しやかな説が蔓延してしまっているが、アーサー・C・クラーク自らが否定している通り、これは全くのデマである。 デマであるのに何故これほどまでに蔓延したのかというと、そのように設定されたほうが都合が良い ある組織が この説を積極的に支持して流通させたからである。



設計 設計者は チャンドラ博士。フルネームは 「シバスブラマニアン・チャンドラセガランピライ (**)」(インド系アメリカ人)。イリノイ大学アーバナ校コンピュータ科学教授 (2010年では)。



構想 人間の脳を模倣する 最狭義の人工頭脳。 「任意の学習プログラムに従って神経回路網を自動的に発生させる --- 自己複製させる (*)」、 「人工頭脳を人間の頭脳の発達に酷似したプロセスで成長させる (*)」、 「人脳の活動の大部分を、人脳よりはるかに優れた速度と確実さで再生する (*)」 コンピュータシステム。 現実に言われている 「ニューロコンピュータ/ニューラルコンピュータ」 に極めて近いのではないか (補足を参照)。



製造 アメリカ合衆国イリノイ州アーバナのHAL工場 (製造番号3号)。



作動日
誕生日
小説2001年宇宙の旅では 1997年1月12日 。映画2001年宇宙の旅/小説2010年宇宙の旅では 1992年1月12日。



教育 HAL9000 (3号) の最初の 「先生」 はチャンドラ博士。「デイジー」 という歌を教えた先生は、映画2001年宇宙の旅ではラングレー。小説2001年宇宙の旅/小説2010年宇宙の旅ではチャンドラ博士。



ストレージ 補助記憶装置は ホログラフィックメモリ (三次元メモリ) を採用



思考 イギリスの数学者アラン・チューリングのテストをHALは容易にクリアできることから明らかに思考している。「機械の返事が人間のそれとまったく見分けがつかないようなら、その機械は、いかなる常識的な定義に照らしあわせても、思考しているのである。(*)」



チューリング アラン・チューリング (Alan Mathison Turing)。1912年6月23日 ロンドン (Paddington) に生まれる。数学者、コンピュータ・サイエンスの創始者にして暗号解読者。ケンブリッジ大学出身。彼が考案したチューリング・マシンは現在のコンピュータの原形ともいわれる。第二次世界大戦中には暗号解読にも取り組む。 「コロッサス(コロサス)」 は1943年にイギリスで制作された暗号解読機だが、その誕生のきっかけを与えたのも彼だ。世界初のコンピュータといえば誰しも エニアック(ENIAC/1946年)の名を上げるが、同解読機は見方によっては世界初のコンピュータである。後に彼自身が手がけた暗号解読機 「ボンブ(Bombe)」 にしてもしかり。 「コンピュータの思考について」 思いを巡らせた 「チューリング・テスト」 は アーサー・C・クラークにも少なからず影響を与え、それは 「2001年宇宙の旅」 の HAL に吹き込まれることになる。 1954年6月、チューリングは謎の自殺をはかる。



地位と任務 実質的な ディスカバリー号 の支配者。第六番目の乗組員としてのHALは、その中枢神経を司り、緊急時には自律的な任務遂行を許されている(「行動規定補助事項C一四三五ダッシュ四 (*)」)。しかし、HALが特別なのは、目覚めているクルーの中で唯一 真の任務 を知っていることである。



当初製造された9000型は2〜3台。うち、1台 (製造番号3号) はディスカバリー号に、2台は地球側の管制室に置かれていた。2010年宇宙の旅ではHAL9000の双子の妹SAL9000が登場する。彼女は兄HAL9000(3号) の安否を気づかいチャンドラ博士の良き相談者となっていた。チャンドラ博士は後にHAL10000の設計に取りかかる。



睡眠 常識的には不眠となろうが、HALには 「目・眼球 (広角レンズ)」とおぼしきものがあることから、眠るとしたら 「レム睡眠」 状態だろうか。「眼球運動の活性化」 までは模倣していないだろうが・・・。



「HAL9000は夢を見るかどうか解らない」 (映画2010年宇宙の旅中のチャンドラ博士の言葉)。「SAL9000はHALの夢を見るだろう」 (映画2010年宇宙の旅中のチャンドラ博士の言葉)。SAL9000の 「わたしは夢を見るでしょうか?」(**)という質問に対して 「ああ、見るとも。 (**)」 とチャンドラ博士。



会話 映画 2001年のHAL9000の声 ( ダグラス・レイン ) は なまりの無い無機質な声で成功しているが、小説2010年のSAL9000はチャンドラ博士の影響を受けてヒンズー (インド) なまりの英語になってしまったようだ。



病歴 「ホフスタッター=メビウス・ループ (**)」。人間の病理に例えるとパラノイア症状あるいは精神分裂症。小説中のチャンドラ博士は 「変則的行動」 ととらえる。



ゲーム チェッカー、チェス、ポリオミノー等の数学的ゲーム。但し、人間と対戦するときの勝率は 「50%」 にプログラムされているようだ。



好きな歌 デイジー (Daisy)



存在と意識 物理的なHAL9000 (3号) という存在はディスカバリー号と共に熱波で消滅したが、生命体でいうところの 「意識」 のようなものは存続し、別の時空間へと移動したらしい。



補足

ニューロン (neuron)
ニューロン (又はノイロン) は、神経を一つの単位として表す場合に用いられる医学用語である。神経細胞と神経繊維などの突起からなる。

ニューロチップ (neuro chip)
生物の神経系を 「模倣」 した半導体素子のことである。従来のシリコン半導体素子では動作速度や消費電力などの点で頭打ちが予想されることから、集積回路の構造や材料の面から異なったアプローチがなされている。構造の面からは 「3次元素子」、材料の面からは 「化合物半導体 (ガリウムひ素素子等)」 などである。しかし、それらであっても、いずれ限界が訪れることは必至である。そこで注目されたのが生物の細胞 (特にタンパク質=分子) であり、それらを要素とする 「ニューロチップ/バイオチップ」 なのである。

ニューラル・ネットワーク (neural network)
生物の神経回路網のことである。人間の脳神経組織 (回路) は一つ一つの脳神経細胞がシナプスなどによって結合されたネットワークのようなものであるが、この結合状態は一定不変のものではなく刻々と変化していく。そして、これら変幻自在のネットワークこそが人間の底知れない記憶作用や思考作用の正体といわれている。

ニューロ・コンピュータ(neuro computer)/ニューラル・コンピュータ(neural computer)
ニューロチップ/バイオチップを人間の脳神経細胞 (セル) とすると、それらをニューラル・ネットワークを模して結合させコンピュータ・システムとするものである。ただ、実際の人間の脳神経組織は脳神経細胞の数だけがその優劣を決する基準ではなく、それらの結合状態、つまりネットワークの有り様に大きな意味があるのだから、そのシステム化は容易ではないだろう。

チューリング 参考
2001年宇宙の旅 (早川書房) 2010年宇宙の旅 (早川書房) 2001 A Space Odyssey (Paperback) 2010 Odyssey Two (Paperback) 2001 A Space Odyssey (MGM) 2010 Odyssey Two (MGM.UA) Script: Internet Resource Archive (*) 2001年宇宙の旅 (早川書房) より引用 (**) 2010年宇宙の旅 (早川書房) より引用

Writer: Masaakix Web site: http://www.masaakix.interlink.or.jp/

著作権について