Back
− −
FRAMELESS _S _SELF MODE HELP ( about VERSION )
− − Next
--
Click on ! /Animation version


Zond Program (CCCP)
現在:本文中のリンクを同じウィンドウに開く(Selfモード) 本文中のリンクを別ウィンドウに開くように変更(Blankモード)

フレーム使用のページに切り替える

アポロ計画

レンジャー計画

サーベイヤー計画

ルナ・オービター計画

ゾンド計画 (旧ソビエト)(このページ)

ルナ計画 (旧ソビエト)

その他・参考データ

-

Sorry, this page is japanese only.

旧ソビエト (CCCP) のゾンド計画は、1964年から1979年にかけて行われたプログラムであるが、 「月探査」 として一般に知られているミッションは3号〜8号である (1号は金星を目指し2号は火星を目指している)。

それでは、ゾンド3号〜ゾンド8号はどのようなミッションだったのかというと、それらは 「無人」 を装ってはいたが常に 「有人」 を目論んでいたのである。ゾンド・スペースクラフトについていえば、(ソビエト版) アポロ有人宇宙船になり損ねた宇宙船ともいえる。

ルナ計画ルナ・オービター計画と同格とすれば、ゾンド計画は、やはりアポロ計画だろうか。 ゾンド計画としての有人月周回飛行 (あるいは有人月着陸) は実現されなかったが、ゾンド5号などは 「地球生物 (亀、昆虫、植物、バクテリアなど) 」 の月周回飛行を早々と成功させて米国の度肝を抜いた。打ち上げロケット(Launch Vehicle)さえ揃えばすぐにでも有人月周回飛行→有人月面着陸をやってのけてしまいそうな、なにやら得体のしれない底力を米国は感じ取ったのだろうか、アポロ計画 (アポロ8号) のミッションを急遽変更してしまうのである。

事実、N-1 ロケットなどという自信過剰 (N-1はロケット版バベルの塔である) なムーンロケットに執着しないで プロトン・ロケット一つに絞っていれば、アポロ計画と同等以上のプログラムが遂行されていったに違いない。ウラジミール・チェロメイ と セルゲイ・コロレフ の二律背反ともとれる対立こそがムーンロケットの夢を打ち砕いたといえる。

- アニメーション最大限モードに切り替える

HAL9000

2001年宇宙の旅

作者宛のE-MAIL

ホーム

サイト内のHTMLを全文検索/カテゴリ検索

-----
1960年代〜1970年代にかけて妙な噂話が蔓延していたことがある。「ソビエトは既に月をターゲットとした有人飛行を行なった」 「しかしその宇宙船は地球に帰還できないまま死体となったクルーと共に月を周回している」 等々。N-1ロケットやプロトン・ロケットの当時の開発状況からみて無理な話ではあるが、これはつまり、ゾンド計画に尾ヒレが付いたもの、あるいは 旧ソビエトの秘密主義が招いた西側の妄想と見るのが常識的だろう。 しかし筆者などは、いまだに これら噂話を一笑に付することが出来ないでいる。

バイコヌール宇宙基地 旧ソ連の打ち上げロケット
3号3号 4号4号 5号5号 6号6号 7号7号 8号8号
ゾンド計画の索引

__ Reference
National Aeronautics and Space Administration (NASA)
Kennedy Space Center (KSC)
Jet Propulsion Laboratory (JPL)
Goddard Space Flight Center (GSFC)
Johnson Space Center JSC Home Page (JSC)
National Space Science Data Center (NSSDC)
American Astronomical Society (AAS)
CHECKOUT and LAUNCH CONTROL SYSTEM PROJECT (CLCS)
Russian Rockets (1)-(9) ←Masaaki Umehara's Report

_ Writer
masaakix yokohama japan
E-Mail
admin masaakix
Web site
http://www.masaakix.interlink.or.jp/

Banner here

著作権について